第15代会長 矢川元基 東洋大学大学院教授が日本学士院賞を受賞

投稿日時: 2009-03-29 (4102 ヒット)

このたび,日本応用数理学会第15代会長 矢川元基 東洋大学大学院教授が 「大規模・高精度計算科学に関する研究」に関して 日本学士院賞を受賞しました。

同賞は、日本学士院が、学術上特にすぐれた論文、著書その他の研究業績を表彰 するもので、今回の受賞は同氏が、

「大規模・複雑構造体の力学的、熱学的といった物理量の高精度解析法を創 出しました。また、原子炉圧力容器のような機械・構造物に対する破損寿命の高 精度評価システムを確立しました。これらは、計算力学の高性能ソフトウェアと して多方面で実用化されています。」


ということが評価されたものです。

詳細については日本学士院による発表をご覧ください.