応用数理学会イベント案内

2012-10-03 〜 10-04 「折紙の数理とその応用」出版記念講習会(参加事前申込締切は 9/28 ですが,当日受付もいたします)

会場: 早稲田大学西早稲田キャンパス
概要: 著書「折紙の数理とその応用」の各章の著者が講師となって,新しい産業を創出している折紙工学の数理理論とその応用例を分かりやすく解説いたします

日程 2012年10月3日(水),4(木)
参加申込について 事前申込みの〆切は 2012年 9月28日(金) ですが, 当日受付もいたしますので,事前申込みをしていない方もご参加いただけます
会場 早稲田大学西早稲田キャンパス
10/3: 62号館1F 大会議室
10/4: 55号館2F 第二会議室
参加費 標準(2日間,テキスト代込み)
    会員(協賛学会含む) 20,000円,非会員 30,000円,
    学生 10,000円,非会員学生 15,000円
開催趣旨 日本伝統文芸のORIGAMIは大変美しく世界から尊敬されそのまま英語になっています. しかし,その産業応用に必用な大量生産ができているのは,英国人が日本の七夕飾りをヒントに発明したハニカムコアだけです. この状況を打開すべく折紙工学が創始され,剛体折り,円筒折り,円錐殻の軸方向への折りたたみ模型,円形膜の巻き取りモデルやコア構造など,折紙の大いなる深化が得られています. この度,これらを集大成し,応用数理工学シリーズとして共立出版から「折紙の数理とその応用」が刊行されました. 本講習会では,この出版を記念し,著者自ら講師となり詳細な説明をおこないます. 折紙幾何学で受講者の創造力がかき立てられ新しい産業創出へとつながれば幸いです. 多くの皆さまの参加をお待ちしています.
プログラム ■ 10月3日(水)
10:00-10:30 開会挨拶ガイダンス
10:30-12:30 野島武敏・杉山文子(京大):折り紙の展開収縮機能
12:30-13:30 昼食・休憩
13:30-15:30 野島武敏((株)アートエクセル折紙工学研究所):折り紙の数理化
15:40-16:40 小林秀敏(阪大):植物の幾何学的解明とモデル化
16:50-17:50 北岡裕子((株)JSOL):ヒト肺胞の幾何学的解明とモデル化

■ 10月4日(木)
9:00-11:00 三谷純(筑波大):立体折りと産業応用
11:10-12:10 森継修一(筑波大):数学問題への応用
12:10-13:10 昼食・休憩
13:10-15:10 舘知宏(東大):剛体折りと産業応用
15:10-16:10 斉藤一哉(東大)・野島武敏:空間充填で得られるコア材の特性
17:30-18:30 戸倉直((株)トクラシミュレーションリサーチ)・萩原一郎(明治大):空間充填で得られるコア材の成形法
主催 一般社団法人 日本応用数理学会
共催 日本計算工学会, 日本機械学会, 土木学会, 日本建築学会, 日本航空宇宙学会, 日本原子力学会, 日本船舶海洋工学会, 日本流体力学会, 日本風工学会, 日本シミュレーション学会, 日本自動車技術会
定員 70名
事前申込方法 下記問い合わせ先に Fax もしくは e-mail にてお申し込みください.
具体的には,下記詳細 pdf 二頁目の申込用紙に必要事項を明記の上 Fax するか, 該当する必要事項を明記の上 email をお送りください.
申込受付後に受講券をメールにてご送付致します.
参加費事前支払方法 上記申込後に送られる受講券を受け取りましたら,参加費を講習会前日までに下記指定口座にお振り込みください(振込手数料はご負担願います).

振込口座 : みずほ銀行 根津支店 普通 口座番号: 1140839
口座名義: 一般社団法人 日本応用数理学会 シャ)ニホンオウヨウスウリガッカイ

申込後お送りする参加受付番号を振込依頼人名の前にご入力下さい.
問い合わせ先 「折紙数理とその応用」出版記念講習会事務局 中山 江利
e-mail: tz12007separatormeiji.ac.jp
fax: 044-934-7775
詳細 pdf http://www.isc.meiji.ac.jp/~hagilab/lecture1.pdf