応用数理学会イベント案内

2016-06-04 〜 06-05 FreeFem++による有限要素プログラミング-上級編-

会場: 早稲田大学 西早稲田キャンパス 62W号館 1階 大会議室
概要: FreeFEM++を用いた有限要素法の講習会です.

日程 2016年 6月 4日(土) 13:30-17:30, 5日(日) 10:00-16:00
会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス 62W号館 1階 大会議室
本文 産業における応用数理研究部会,数理設計研究部会,連続体力学の数理研究部会,メッシュ生成・CAE研究部会,ものづくり研究会の共催にてFreeFEM++の講習会の上級編を実施します. みなさま奮ってご参加ください.
講師 鈴木 厚氏(大阪大学 サイバーメディアセンター 招聘准教授、元 パリ第6大学リオンス研究所 研究員)
概要 FreeFem++はパリ第六(ピエールマリーキュリー)大学のJ.L.Lions 研究所のF. Hecht教授らによる有限要素法ソフトウェアパッケージです. 弱形式の離散化プロセスを専用のスクリプト言語とデータ構造で非常に簡単に記述することができます. もともとは数値計算の教育を目的として作られましたが,並列計算や3次元要素を扱う機能を拡張し,有限要素法によるシミュレーションのプロトタイプ実行を実現する非常に優れたソフトウェアになっています.

FreeFem++にはその機能を説明するマニュアルと種々の数理モデルを解くための数多くのスクリプトが含まれています. 本セミナーでは,その例題の中から,並列計算を実現する領域分割法のアルゴリズムである,Schwarz法,部分構造反復法とそのMPI並列プロセスの記述法を解説します.

3次元問題の有限要素計算では領域の四面体分割と大規模連立一次方程式の効率的なソルバーが必要です. FreeFem++ではダイナミックローディング機能により外部プログラムに接続することができます. 既存の拡張ルーチンの利用法と,新規の拡張の例として,線形ソルバーを取り込むための方法を説明します.
参加について 参加は無料で、日本応用数理学会会員以外でも御参加いただけます.
下記の詳細 web より、事前登録をお願い致します.
問い合わせ先 井手 貴範
e-mail: i24824_ideseparatoraisin-aw.co.jp
詳細 web http://na.cs.tsukuba.ac.jp/acmi/?p=403