AI時代のもの・コトづくりに向けた新たな計算科学活用
イベント日時: 02-14
[ 共催]
会場: 日本学術会議1階講堂
概要: 計算科学の研究成果を産業競争力強化に寄与しうる技術として発展させるため、必要とされる人材の育成、ソフト開発者のモチベーションの向上を得るための解決すべき技術的・政策的課題、などについて議論を行う。
日程 2019年 2月14日
会場 日本学術会議1階講堂
主催 日本学術会議 計算科学シミュレーションと工学設計応用分科会
参加費 不要
本文 AIやデータ、情報科学との連携を視野に入れた新たなもの・コトづくりの手法として、計算科学に関するシミュレーション技術の効果的活用はサイバーフィジカルシステム(CPS)を推進する上で、重要度がこれから増々増加して行くと考えられる。その中で、シミュレーションソフトウェアの現状を産業への実装を中心とした視点から俯瞰しながら、計算科学の研究成果を産業競争力強化に寄与しうる技術として発展させて裾野を広げ、それにより計算科学基盤を強化するという好循環を実現するための議論を行う。
問い合わせ先 下記より入手できる案内 pdf 中に、問い合わせフォームがリンクされています
詳細 web http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html の該当箇所に pdf へのリンクがあります.


JSIAMにて更に多くのイベント記事をよむことができます
http://www.jsiam.org

このイベント記事が掲載されているURL:
http://www.jsiam.org/modules/eguide01/event.php?eid=232