他組織イベント案内

2016-12-15 〜 12-16 研究集会「Interaction between Pure and Applied Mathematics 2016」(IPA Math 2016)

投稿者:  中野 直人(JSTさきがけ)
会場: 明治大学中野キャンパス高層棟6階セミナー室601
概要: 解析学と統計学に関する理論と応用の研究集会です

日程 2016年12月15日,16日
会場 明治大学中野キャンパス高層棟6階セミナー室601
本文 解析学と統計学の数学者・数理科学者5人に関連する研究の講演をしていただきます.また,分野間の相互の交流も目的としておりますので,様々な分野の方のご参加を歓迎いたします. プログラム等詳細は下記詳細 ウェブサイトをご覧ください.
みなさまのご参加を心よりお待ちしております.
運営幹事:
宮路 智行(明治大学)
中野 直人(JSTさきがけ・北海道大学)
講演 講演者(敬称略・順不同)・講演タイトル:
大縄 将史(東京海洋大学)「輻射気体の衝撃波形態と安定化機構の関係」
篠原 克寿(一橋大学)「AD変換器の精度保証とゼータ関数による数え上げ」
曽我 幸平(慶應義塾大学)「Classical/weak KAM theory and related topics」
林 邦好(聖路加国際大学)「臨床研究における統計科学的アプローチの役割」
廣瀬 三平(芝浦工業大学)「偏微分方程式系に対する完全WKB解析について」
参加について 参加登録をお願いしておりますが,お気軽にご参加ください. 場所都合による人数把握のためご協力いただけると幸いです.
問い合わせ先 中野 直人
e-mail: n_nakanoseparatormath.sci.hokudai.ac.jp
詳細 web http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~n_nakano/IPAmath/