他組織イベント案内

2017-12-25 〜 12-26 情報系WINTER FESTA Episode3

投稿者:  垣村 尚徳(慶應義塾大学)
会場: 学術総合センター 2F 一橋講堂・中会議場(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
概要: 情報分野の研究交流及び人的交流を目的としたワークショップです.

日程 2017年12月25日(月) 13:00-18:30
12月26日(火) 10:00-18:00
会場 学術総合センター 2F 一橋講堂・中会議場(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
本文 日頃よりJST ERATO 河原林巨大グラフプロジェクトに対するご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。

JST ERATO 河原林巨大グラフプロジェクトは、国立研究開発法人 理化学研究所革新知能統合研究センター(AIPセンター)との共催で、本プロジェクトと隣接分野の13のプロジェクト、およびさきがけ・ACT-I研究者が一堂に会し、情報分野の研究交流及び人的交流を目的としたワークショップ「情報系WINTER FESTA Episode3」を開催いたします。

今年度の参加PJは、昨年度参加PJに加えて、ソフトウェア・制御・プログラム言語分野(蓮尾ERATO)、自然言語処理分野(黒橋CREST、松本CERST)、コンピュータービジョン(CV)分野(佐藤真一CREST、内田科研S)、および機械学習と最先端計測技術の融合(鷲尾CREST)を新たに、より広い分野の研究者の参加を呼び掛けています。

また、特別講演として、25日(月)に、「情報科学技術関連の文部科学省の取組と若手研究者への期待」と題し、文部科学省 邉田 憲 研究振興局参事官(情報担当)付専門官にご講演いただきます。

その他、若手企業研究者による発表、ACT-Iの最終年度募集に関する説明もあります。 多数の方のご参加を心よりお待ちしております。

研究総括 河原林 健一
プログラム等 情報系 WINTER FESTA Episode3 プログラム
英語版プログラムは後日公開いたします。


参加プロジェクト:
・ERATO河原林巨大グラフプロジェクト
・理化学研究所 革新知能統合研究センター
・ERATO蓮尾メタ数理システムデザインプロジェクト(蓮尾一郎(NII))
・科学研究費補助金 基盤研究(S)「離散構造処理系の基盤アルゴリズムの研究」(湊真一(北海道大学))
・科学研究費補助金 基盤研究(S)「機械可読時代における文字科学の創成と応用展開」(内田誠一(九州大学))

(以下、CREST10領域)
・知識に基づく構造的言語処理の確立と知識インフラの構築(黒橋禎夫(京都大学))
・自己情報コントロール機構を持つプライバシ保護データ収集・解析基盤の構築と個別化医療・ゲノム疫学への展開(佐久間淳(筑波大学))
・データ粒子化による高速高精度な次世代マイニング技術の創出(宇野毅明(NII))
・ビッグデータ時代に向けた革新的アルゴリズム基盤(加藤直樹(関西学院大学))
・離散構造統計学の創出と癌科学への展開(津田宏治(東京大学))
・構造理解に基づく大規模文献情報からの知識発見(松本裕治(NAIST))
・大規模複雑システムの最適モデリング手法の構築(岩田覚(東京大学))
・ソフトマター記述言語の創造に向けた位相的データ解析理論の構築(平岡裕章(東北大学))
・機械学習と最先端計測技術の融合深化による新たな計測・解析手法の展開(研究代表者:鷲尾隆(大阪大学))
・未知事物検索・認識基盤によるメディア消費者の体験・行動センシング(佐藤真一(NII))
参加について 参加費: 無料
参加申込みフォームより事前登録をお願いいたします。
申込みフォームご入力後、受付完了の確認メールを自動送信しております。
懇親会について 懇親会 2017年12月25日(月) 18:45〜
学術総合センター 2F 中会議場
一般:4,000円、学生:3,000円
※ こちらも参加申込みフォームより事前の登録が必要です。
※ 会費は現金で、会場の懇親会受付にてお支払いください。
問い合わせ先 垣村尚徳
e-mail: kakimuraseparatormath.keio.ac.jp
詳細 web https://bigdata.nii.ac.jp/johokei-winterfesta3/