他組織イベント案内

2018-03-07 「変わりゆく数学 -数学による社会的・人類的課題への挑戦-」 JSTさきがけ「社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働」領域第1期生研究成果報告会

関連性:  広報協力
会場: 東京大学大学院数理科学研究科棟地下1階 大講義室 (東京都目黒区駒場3-8-1)
概要: 今年度でさきがけ研究を終了する第1期生が中心となって、数学と諸分野の連携を通じて様々な社会的・人類的課題に挑戦してきた成果を紹介致します

日程 2018年 3月 7日 10:00-17:35
会場 東京大学大学院数理科学研究科棟地下1階 大講義室 (東京都目黒区駒場3-8-1)
趣旨 さきがけ「社会的課題の解決に向けた数学と諸分野の協働」(数学協働)領域では、従来の科学技術の延長ではなかなか解決できない社会的・人類的課題に対し、様々な数学・数理科学を活用することで、その解決に向けたアプローチの発見や新しい研究方法の開拓を目指しています。数学という学問の持つ抽象性・普遍性という特徴により、ある課題の解決につながる発想が、その課題だけでなく、全く別の思いもよらない問題にも有用になり、そこから数学を基軸とする新たなイノベーションの創出にもつながることが期待されます。

本領域は平成26年度に発足し3年度にわたって合計31名の研究者を採択しました。本シンポジウムでは、今年度でさきがけ研究を終了する第1期生が中心となって、数学と諸分野の連携を通じて様々な社会的・人類的課題に挑戦してきた成果を紹介致します。
プログラム 9:30-10:00
受付

10:00-10:10
開会、挨拶

10:10-10:35
縫田 光司(産業技術総合研究所 情報技術研究部門)
「データを隠したまま計算する技術とその新たな数学的基盤」

10:35-11:00
小谷 潔(東京大学 先端科学技術研究センター)
「ニューロン集団数理モデルを用いた同期状態の理論解析」

11:00-11:25
中野 直人(京都大学 国際高等教育院)
「数学者が気象学者と出会った ~大気データ解析へのあゆみ~」

11:25-12:25
さきがけ数学協働2,3期生によるポスターセッション

12:25-13:25
昼食休憩

13:25-13:50
鈴木 大慈(東京大学 大学院情報理工学系研究科)
「統合的機械学習手法の数理」

13:50-14:15
田中 久美子(東京大学 先端科学技術研究センター)
「言語はフラクタルか」

14:15-14:40
小林 景(慶應義塾大学 理工学部)
「データ空間の幾何学的特徴を活用する解析手法と統計理論」

14:40-14:55
休憩

14:55-15:20
富安 亮子(山形大学 大学院理工学研究科)
「結晶学的位相問題の解を列挙する理論とソフトウェアの開発」

15:20-15:45
Daniel Packwood(京都大学 物質-細胞統合システム拠点iCeMS) 「数理モデルでグラフェン合成の制御 ~次世代の電子材料に向けて~」

15:45-16:10
神山 直之(九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所)
「都市・社会システム最適化のための離散的数学理論の深化」

16:10-16:25
休憩

16:25-17:25
研究総括 & 研究者による企画セッション
「変わりゆく数学 ~数学による社会的・人類的課題への挑戦~」

17:25-17:35
閉会、挨拶

18:00-
研究者交流会
参加申込について 氏名・所属・連絡先・交流会出欠を記入して、下記 web からお申し込み下さい. 先着130名です.
問い合わせ先 国立研究開発法人科学技術振興機構
Email: mathsymposeparatormath.jst.go.jp
詳細 web http://www.jst.go.jp/kisoken/crest/math-sympo/