他組織イベント案内

2018-02-28 第1回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会

投稿者:  江夏 洋一(東京理科大学)
会場: 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 831教室
概要: 感染症の数理に関連する医薬理工学諸分野の研究者に話題を提供していただく勉強会です

日程 2018年 2月28日(水) 15:00-17:15
会場 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 831教室
講演者 俣野 博 氏 (明治大学先端数理科学インスティテュート)
題目 Plant disease propagation in a spatially periodic medium
概要 ブドウ園に生じる真菌性の疫病の広がりを記述する数理モデルについて論じる.このモデルは,空間2次元の反応拡散方程式と常微分方程式との連立系で表される.ワイン用のブドウ園では,通例,ブドウの木は真っ直ぐな列をなしてぎっしり植えられており,その列が幾筋も整然と並んでいる.本モデルにおいてもこの事実を反映して,係数には縞状の空間周期性を仮定する.いったん真菌性の疫病が起こると,胞子が周囲に拡散することで病気が蔓延する.
本講演では,このモデル方程式に現れる平面進行波の存在や速度の評価について論じる.なお,本講演で紹介する内容は,主としてボルドー大学の Arnaud Ducrot 氏との共同研究に基づくものである.

I will discuss a vegetal epidemic model of fungal disease propagation over a two dimensional field with spatially periodic heterogeneity. What I have typically in mind is a fungal disease that spreads over a vineyard. The system consists of a reaction diffusion equation coupled with ordinary differential equations. Among other things we show that there exists an epidemic threshold for the disease propagation. Above
this threshold, traveling wave solutions exist in any direction of propagation. Furthermore we prove the existence of a minimal speed of propagation in each direction and discuss how the minimal wave speed varies depending on the direction. This last result is obtained by first establishing a certain variational formula for the minimal wave speed. This is joint work with Arnaud Ducrot of Bordeaux.
懇親会について セミナー終了後に講演者を囲んでの懇親会を予定しております.
参加を希望される方は,2月23日(金)までに江夏へご連絡ください.
問い合わせ先 江夏 洋一
e-mail: yenatsuseparatorrs.tus.ac.jp
詳細 web http://www.rs.tus.ac.jp/yenatsu/kids/kids.html