他組織イベント案内

2018-03-07 〜 03-08 九大IMI 短期共同研究「ドレスト光子の関連技術推進の為の基礎的数理研究」

投稿者:  梶原 健司(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
会場: 九州大学伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIコンファレンスルーム (W1-D-414)
概要: 本研究会ではドレスト光子の応用技術を更に発展させる為、ドレスト光子とは何かという基本的テーマを掘り下げ、その意義を広く関係研究コミュニティーに発信します。

日程 2018年 3月 7日(水) - 8日(木)
会場 九州大学伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIコンファレンスルーム (W1-D-414)
プログラム 3月7日(水)
12:50 - 13:00
開会の挨拶
佐久間 弘文 (ドレスト光子研究起点)

13:00 - 13:45
【基調講演[I]】
講演者 : 大津 元一 (東京大学、ドレスト光子研究起点)
講演タイトル : ドレスト光子、その包括的応用と理論研究の待望

13:45 - 14:30
講演者 : 竪 直也 (九州大学)
講演タイトル : ドレスト光子とその高効率波長変換への応用

14:30 - 15:15
講演者 : 佐久間 弘文 (ドレスト光子研究起点)
講演タイトル : クレブシュ双対場は如何にしてドレスト光子を記述するのか? 現時点での試案

15:15 - 15:45 休憩

15:45 - 16:30
講演者 : 石川 陽 (山梨大学)
講演タイトル : 光子 - 励起子 - フォノンのインタープレイによる非平衡量子ナノダイナミクス

16:30 - 17:15
講演者 : 坂野 斎 (山梨大学)
講演タイトル : ドレスト光子を基礎づける応答理論 : 非共鳴条件下の非線形感受率演算子と電磁ポテンシャル

17:15 - 18:00
講演者 : 三宮 俊 (株式会社リコー)
講演タイトル : 高励起状態としてのドレスト光子の振る舞い (数値シミュレーション解析)


3月8日(木)
10:00 - 10:45
講演者 : 福本 康秀、金 良兵 (九州大学)
講演タイトル : 底の抵抗が引き起す浅水流の不安定性と波の過剰反射

10:45 - 11:30
講演者 : 山本 昌宏 (東京大学)
講演タイトル : 光の輸送現象に関する逆問題:輻射輸送方程式を中心として

11:30 - 12:15
講演者 : 矢吹 哲夫 (酪農学園大学)
講演タイトル : 光合成色素集団の励起エネルギー伝達への量子論的有限サイズ効果の考察・解析

12:15 - 13:30 昼休み

13:30 - 14:15
【基調講演[II]】
講演者 : 小嶋 泉 (ドレスト光子研究起点)
講演タイトル : マクロ化創発のパラドックス

14:15 - 15:00
講演者 : 落合 啓之 (九州大学)
講演タイトル : Deligne の例外系列の紹介

15:00 - 15:45
講演者 : 岡村 和弥 (名古屋大学)
講演タイトル : 測定理論によるドレスト光子のモデリング

15:45 - (16:15) 総合討論
問い合わせ先 九州大学IMI共同利用・共同研究拠点事務
e-mail: kyoten-jimuseparatorimi.kyushu-u.ac.jp
詳細 web http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/events/view/2244