他組織イベント案内

2018-05-08 東大数値解析セミナー(UTNAS)

投稿者:  齊藤 宣一(東京大学大学院数理科学研究科)
会場: 東京大学大学院数理科学研究科 002室
概要: 第100回目は一つの総括の意味を込めて,主催者の一人 齊藤 宣一(東京大学大学院数理科学研究科) による初歩的あるいは総括的講演を,あまり形式張らずに行いたいと思います.参加者の方々と議論ができれば幸いです.

日程 2018年 5月8日(火) 16:50-18:20
会場 東京大学大学院数理科学研究科 002室 (アクセス)
本文 東京大学大学院数理科学研究科と情報理工学系研究科では,本年度も数値解析セミナーを定期的(月に1,2回程度、火曜日 16:50-18:20)に開催致します.
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます.
講演者 齊藤 宣一(東京大学大学院数理科学研究科)
題目 数値解析の諸相
概要 本講演の前半では,さまざまな反例を検討することで,数値計算手法の収束性の研究の重要性を再確認したい.とくに,偏微分方程式の数値解析においては,解の正則性,特異性,様々な摂動に対する安定性に正面から取り組むことが必須になる.具体的には,正則性の欠如や領域の近似が原因で,近似解の収束が任意に遅くなったり,意図しない問題を正しく解いてしまうことがありうることを紹介する.後半は,数学を専門とする学生・院生に対する数値解析の教育(やユーザーへの啓蒙)について,講演者自身の反省を述べたい.
問い合わせ先 齊藤 宣一
e-mail: norikazuseparatorms.u-tokyo.ac.jp
詳細 web http://www.infsup.jp/utnas/