他組織イベント案内

2018-09-28 第4回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会

投稿者:  江夏 洋一(東京理科大学)
会場: 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 831教室
概要: 感染症の数理に関連する医薬理工学諸分野の研究者に話題を提供していただく勉強会です

日程 2018年 9月28日(金)16:00-18:15
会場 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 831教室
(アクセス, キャンパス)
講演者 中田 行彦 氏(島根大学総合理工学部数理科学科)
題目 複雑な感染症流行動態の数理モデリングと数理解析
概要 感染症は異質な人口集団で流行し、複雑な流行現象が引き起こる。 感染症の流行と同時に、人口集団の個体レベルでは疾患状態や抗体レベルが変化し、感染症の流行予測を困難にしている。 多くの感染症流行のダイナミクスの理解は未だ進んでいないのが現状である。 本講演では、感染症ダイナミクスに内在する非線形性の理解に向けて、感染症流行を記述する数理モデルの(特に再生方程式と遅延微分方程式による)定式化と解析、それらの応用や課題について紹介する。 講演の前半では、感染者集団の異質性を備えた基本的な感染症数理モデルである Kermack-McKendrick モデルについて紹介する。 その後、個体の免疫効果が時間とともに薄れるような感染症の周期的流行に関する最近の研究結果について報告する。 特に、免疫の減衰(と増強)が導く複雑な流行ダイナミクスに注目を当てたい。
備考等 セミナー終了後に,講演者を囲んでの懇親会を予定しております.

今後の予定:
第5回 2018年12月21日(金) 森田 善久 氏(龍谷大学理工学部)

主催:東京理科大学 研究推進機構 総合研究院「数理モデリングと数学解析研究部門」

世話人:
石渡恵美子(東京理科大学 理学部応用数学科)
牛島健夫(東京理科大学 理工学部数学科)
江夏洋一(東京理科大学 理学部応用数学科)
加藤圭一(東京理科大学 理学部数学科・「数理モデリングと数学解析研究部門」部門長)
問い合わせ先 江夏 洋一
e-mail: yenatsuseparatorrs.tus.ac.jp
詳細 web http://www.rs.tus.ac.jp/yenatsu/kids/kids.html