他組織イベント案内

2018-12-21 第5回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会

投稿者:  江夏 洋一(東京理科大学)
会場: 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 831教室
概要: 感染症の数理に関連する医薬理工学諸分野の研究者に話題を提供していただく勉強会です

日程 2018年12月21日(金) 16:00-18:15
会場 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 831教室 (アクセス, キャンパス)
講演者 森田 善久 氏(龍谷大学理工学部)
題目 保存則をもつ反応拡散方程式系モデルに現れる空間パターンについて
概要 2変数の常微分方程式で表される可逆な化学反応モデルや感染症のSISモデルのように,2つの変数が表す量の和が保存されるシンプルな常微分方程式モデルが知られている.このようなモデル方程式では,不変な保存量があるので1変数の常微分方程式に帰着され,その解のダイナミクスは単純である.これに拡散を加え,有界領域でノイマン境界条件を課すと2つの変数の積分量の和が保存されるモデル方程式になる.積分量の保存性により,その定常問題は1変数の半線型楕円型方程式に帰着できるが非局所項をもち,適当な非線形性と拡散係数に対する条件があれば,安定な空間的構造を持った定常解が現れることが知られている.また,時空間的に振動する解を持つ例も知られている.このようなクラスの方程式系について,解構造に関するこれまでの研究の紹介と,現象のモデルとしての役割について解説する.
備考 セミナー終了後に,講演者を囲んでの懇親会を予定しております.
年末のために,会場付近は混み合うことが予想されます.懇親会参加をご希望の方は,お手数ですが 12月14日(金) までにお知らせください.

今後の予定:
第6回 2019年1月22日(火) 大泉 嶺 氏(国立社会保障人口問題研究所)

主催:東京理科大学 研究推進機構 総合研究院「数理モデリングと数学解析研究部門」
世話人:
石渡恵美子(東京理科大学 理学部応用数学科)
牛島健夫(東京理科大学 理工学部数学科)
江夏洋一(東京理科大学 理学部応用数学科)
加藤圭一(東京理科大学 理学部数学科・「数理モデリングと数学解析研究部門」部門長)
問い合わせ先 江夏 洋一
e-mail: yenatsuseparatorrs.tus.ac.jp
詳細 web https://www.rs.tus.ac.jp/yenatsu/kids/kids.html