他組織イベント案内

2019-04-19 日本学術会議学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来 Part2」

関連性:  広報協力
会場: 日本学術会議講堂 (東京都港区六本木7-22-34)
概要: 2017年5月に開催した学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来」のPart2です。

日程 2019年 4月19日(金) 13時-17時30分
会場 日本学術会議講堂 (東京都港区六本木7-22-34)
本文 理学・工学系学協会連絡協議会で多くの学会からご意見をいただいた問題をフォーラムで取り上げることにしました。 ご参加を検討いただくとともに、ご周知にも協力いただけますと幸いです。

趣旨:
日本学術会議は2017年5月に学術フォーラム「危機に瀕する学術情報の現状とその将来」を開催した。その後の学術情報を取り巻く情勢は、オープンサイエンスのさらなる進展、学術情報の分析と大学運営に及ぼす影響、電子ジャーナル問題とその対応戦略、わが国の学会における学術雑誌の諸課題、エビデンスデータの公開、研究データの散逸や学術情報のデジタル基盤構築など、多くの課題が顕在化し、また学術情報のおかれている環境も急速に変化している。日本学術会議は、学術の基本となる学術情報の現在を継続して検討するため、このたび、学術情報に関するフォーラムのpart2を開催する。学術情報を取り巻く現在の情勢を共有すると共に、将来に向けての活発な議論を展開したい。
参加について 無料.定員300名です.
フォームから参加をお申込み下さい.
問い合わせ先 日本学術会議事務局 学術フォーラム担当
tel: 03-3403-6295
詳細 web http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf2/273-s-0419.pdf