他組織イベント案内

2019-03-01 第22回岩手数理科学セミナー

投稿者:  宮島 信也(岩手大学)
会場: 岩手大学理工学部12番講義室
概要: 福島大学の藤本勝成先生に「意思決定と協力行動における非加法性の表現と解釈」という題目でご講演いただきます。

日程 2019年 3月 1日 15:30-
会場 岩手大学理工学部12番講義室
本文 以下の要領で岩手数理科学セミナーを開催します。皆様のご来聴をお待ちしております。なお、セミナー終了後に懇親会を予定しております。懇親会への参加を希望される方は、2月22日までに宮島までご連絡いただけますと幸いです。
講演者 藤本 勝成(福島大学共生システム理工学類)
題目 意思決定と協力行動における非加法性の表現と解釈
概要 「1人1人の力は小さいけれど、みんなで力を合わせると『1+1が3にも4にも』」。「『犯人は、この中にいる!』、1つ1つの証拠をつなぎ合わせて、一気に事件解決」。どこかで聞いたことが、あるようなないような、、、このような状況を、どう数理的に表現するのか?そのモデルか何がわかるのか?力を合わせた効果をどう測るのか?力を合わせて大きな収穫!だけど、どう分ける?ナイト流の不確実性(Knight)、協力ゲーム(Neumann, Morgenstern)、証拠理論(Dempster,Shafer)、ファジィ測度論(Sugeno)と、経済学やAI分野で、それぞれに発展してきた意思決定と協働における非加法性の表現とその取扱いについて述べる。
問い合わせ先 宮島 信也
e-mail: miyajimaseparatoriwate-u.ac.jp
詳細 web http://web.cc.iwate-u.ac.jp/~miyajima/seminar.html