他組織イベント案内

2019-05-10 第7回 神楽坂「感染症にまつわる数理」勉強会

投稿者:  江夏 洋一(東京理科大学)
会場: 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 851教室
概要: 感染症の数理に関連する医薬理工学諸分野の研究者に話題を提供していただく勉強会です

日程 2019年 5月10日(金) 16:00-18:15
会場 東京理科大学 神楽坂キャンパス 8号館 851教室
アクセス, キャンパスマップ
講演者 大森 亮介 氏(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター バイオインフォマティクス部門)
題目 感染症疫学における数理モデリング
概要 感染症流行制御において、その流行ダイナミクスを理解することは必要不可欠である。 流行ダイナミクスの理解のためには、数理モデリングによる仮説検定が有用である。 しかしながら、流行ダイナミクスの複雑さ、データの欠如および不確実性から、モデルによる解析から答えようとしている疫学や生物学的な問いに則したスケールのモデリングが必要となる。 このモデリングの重要性は、これまでの様々なモデルの数理解析が明らかにしてきた、モデル構造の変化がもたらすダイナミクスの多様性からも明らかである。 解析したい内容に則した適切なモデリングを考えるために、本講演では、感染症疫学の側面からモデリングを考察し、かつ、応用数学の知見をいかに疫学の問いに答える為に活用していくかについて、MRSA院内感染、ノロウイルス、マイコプラズマ肺炎の流行解析等の実例を交えながら議論したい。
備考 セミナー終了後に,講演者を囲んでの懇親会を予定しております.

主催:東京理科大学 研究推進機構 総合研究院「数理モデリングと数学解析研究部門」

世話人:
石渡恵美子(東京理科大学 理学部応用数学科)
牛島健夫(東京理科大学 理工学部数学科)
江夏洋一(東京理科大学 理学部応用数学科)
加藤圭一(東京理科大学 理学部数学科・「数理モデリングと数学解析研究部門」部門長)
問い合わせ先 江夏 洋一
e-mail: yenatsuseparatorrs.tus.ac.jp
詳細 web https://www.rs.tus.ac.jp/yenatsu/kids/kids.html