他組織イベント案内

2019-07-01 東大数値解析セミナー(UTNAS)

投稿者:  齊藤 宣一(東京大学大学院数理科学研究科)
会場: 東京大学大学院数理科学研究科 128室
概要: 河原田 秀夫 (AMSOK, 千葉大学名誉教授) 先生を迎え,「セラミックス球によるスケール形成防止効果と人体に及ぼす効用」という題目で講演していただきます.

日程 2019年 7月 1日(月) 16:50-18:20
会場 東京大学大学院数理科学研究科 128室 (アクセス)
本文 東京大学大学院数理科学研究科と情報理工学系研究科では,本年度も数値解析セミナーを定期的(月に1,2回程度、月曜日 16:50-18:20)に開催致します.
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます.
講演者 河原田 秀夫 (AMSOK, 千葉大学名誉教授)
題目 セラミックス球によるスケール形成防止効果と人体に及ぼす効用
概要 セラミックス球を電解質溶液に浸したその界面に超強電場が発生することが知られている。その電場に接触した炭酸カルシウム結晶に電気分極を生じ、それに基づく電気的エネルギー(分極エネルギー)が化学ポテンシャルの一部として分配される。この分極エネルギーは核の生成を極端に妨害すると同時に生成した核の表面自由エネルギーを減少させる。この現象がスケール形成防止効果を表現している。そのメカニズムが数理的手法を用いて解明される。更に、上記超強電場が水の分子集団に上記と同様な変化を生成することが示される。この事実をもとにセラミックス球を人体に接触させたとき、如何なる現象が生じるかについて議論する。
備考 いつもと教室が異なります.ご注意ください.
問い合わせ先 齊藤 宣一
e-mail: norikazuseparatorg.ecc.u-tokyo.ac.jp
詳細 web http://www.infsup.jp/utnas/