他組織イベント案内

2019-11-15 〜 11-16 明治大学共同利用・共同研究拠点研究集会「生命振動現象の理解を深めるモデリングとネットワーク解析」

投稿者:  俣野 博(明治大学先端数理科学インスティテュート)
会場: 明治大学中野キャンパス高層棟6階 研究セミナー室3
概要: 「生命振動現象の理解を深めるモデリングとネットワーク解析」をテーマに10名の講演者による講演で構成する研究集会を開催します。

日程 2019年11月15日(金)-16日(土)
会場 明治大学中野キャンパス高層棟6階 研究セミナー室3
本文 多くの生命現象が自律的な振動を伴うことは周知の事実である。振動現象は生命機能の発現のみならず機能の維持や外的環境への適応などにおいても重要な役割を果たしていると考えられており,生命の諸相において様々な数理モデルが構築され,縮約された次元の中で生命の本質に迫ろうとする試みが続けられている。本研究集会は昨年度開催された明治大学現象数理学共同研究集会「細胞の代謝振動とネットワーク解析」を継承するもので,生命と振動現象の関わりに関する研究連携のあり方を,実験・モデリング・数理解析などの側面から自由闊達に議論する。
Program 11月15日(金)
13:30-14:00 山口智彦(明治大学)
Over view
14:00-14:45 中西周次(大阪大学)
「光合成微生物が示す振動現象と人工光合成」
14:45-15:30 高松敦子(早稲田大学)
「粘菌輸送管ネットワーク上の時空間振動パターンと分岐現象」
16:00-16:45 中村和幸(明治大学)
「統計的時系列モデルの推定を通じた現象理解」
18:00- 研究情報交流・反省会

11月16日(土)
10:00-10:45 渡邉昌俊(三重大学)
「がん研究の巨大な潮流の中で:腫瘍微小環境を標的に」
10:45-11:30 雨宮 隆(横浜国立大学)
「がん細胞と脳細胞の代謝振動と同期」
11:30-12:15 近原鷹一(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
「時系列データからの因果関係の発見」
13:45-14:30 中尾裕也(東京工業大学)
「ネットワーク結合力学系の集団振動:同期と最適化」
14:30-15:15 望月敦史(京都大学)
「ネットワーク構造に基づく化学反応システムの挙動解析」
15:40-16:20 中根和昭(大阪大学)
「ホモロジー・プロファイル法による組織画像解析」
16:15-16:45 山口智彦(明治大学)
General Discussion
問い合わせ先 明治大学先端数理科学インスティテュート
e-mail: mimsseparatormics.meiji.ac.jp
詳細 web http://cmma.mims.meiji.ac.jp/events/jointresearch_seminars/index_2019.html#010