他組織イベント案内

2019-12-09 東大数値解析セミナー(UTNAS)

投稿者:  齊藤 宣一(東京大学大学院数理科学研究科)
会場: 東京大学大学院数理科学研究科 117室
概要: 劉雪峰 (新潟大学理学部) 先生を迎え,「ポアソン方程式の有限要素解の各点誤差評価ー加藤・藤田の方法への再検討」という題目で講演していただきます.

日程 2019年12月 9日(月) 16:50-18:20
会場 東京大学大学院数理科学研究科 117室 (アクセス)
本文 東京大学大学院数理科学研究科と情報理工学系研究科では,本年度も数値解析セミナーを定期的(月に1,2回程度、月曜日 16:50-18:20)に開催致します.
多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます.
講演者 劉雪峰 (新潟大学理学部)
題目 ポアソン方程式の有限要素解の各点誤差評価ー加藤・藤田の方法への再検討
概要 In 1950s, H. Fujita proposed a method to provide the upper and lower bounds in boundary value problems, which is based on the T*T theory of T. Kato about differential equations. Such a method can be regarded a different formulation of the hypercircle method from Prage-Synge's theorem. Recently, the speaker extended Kato-Fujita's method to the case of the finite element solution of Poisson's equation and proposed a guaranteed point-wise error estimation. The newly proposed error estimation can be applied to problems defined over domains of general shapes along with general boundary conditions.
問い合わせ先 齊藤 宣一
e-mail: norikazuseparatorg.ecc.u-tokyo.ac.jp
詳細 web http://www.infsup.jp/utnas/