他組織イベント案内

2020-06-30 JST未来社会創造事業 令和2年度研究開発提案募集

関連性:  広報協力
組織: 科学技術振興機構(JST)未来創造研究開発推進部
概要: JST未来社会創造事業では探索加速型と大規模プロジェクト型について,令和2年度研究開発提案募集を開始しました。

募集期間 2020年 4月30日(木)- 6月30日(火) 正午〆切
組織 科学技術振興機構(JST)未来創造研究開発推進部
本文 平素より科学技術振興機構(JST)未来社会創造事業にご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、当事業の令和2年度研究開発提案募集を開始しましたのでご案内申し上げます。

未来社会創造事業の令和元年度公募テーマは、以下のとおりです。 探索加速型は、既存の4つの重点公募テーマに新規3テーマが加わった全7テーマについて募集します。 大規模プロジェクト型は、1つの新規技術テーマについて募集します。

◆探索加速型:重点公募テーマ
「超スマート社会の実現」領域 (運営統括:前田 章)
(1)異分野共創型のAI・シミュレーション技術を駆使した健全な社会の構築「新規」

「持続可能な社会の実現」領域 (運営統括:國枝 秀世)
(1)モノの寿命の解明と延伸による使い続けられるものづくり
(2)社会の持続的発展を実現する新品種導出技術の確立「新規」

「世界一の安全・安心社会の実現」領域 (運営統括:田中 健一)
(1)食・運動・睡眠等日常行動の作用機序解明に基づくセルフマネジメント
(2)心理状態の客観的把握とフィードバック手法の確立による生きがい、働きがいがある社会の実現「新規」

「地球規模課題である低炭素社会の実現」領域 (運営統括:橋本 和仁)
(1)「ゲームチェンジングテクノロジー」による低炭素社会の実現(サブテーマ数:4)

「共通基盤」領域(運営統括:長我部 信行)
(1)革新的な知や製品を創出する共通基盤システム・装置の実現 (サブテーマ数:10)

◆大規模プロジェクト型:技術テーマ (運営統括:大石 善啓)
(1)トリリオンセンサ時代の超高度情報処理を実現する革新的デバイス技術「新規」

ご関心のある多くの皆様からのご提案をお待ちしております。 これまでのご協力に重ねて感謝申し上げるとともに、 引き続きご指導ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
問い合わせ先 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 未来創造研究開発推進部
e-mail: kaikaku_miraiseparatorjst.go.jp
詳細 web https://www.jst.go.jp/mirai/jp/open-call/research/r02/