他組織イベント案内

2020-12-03 〜 12-04 明治大学共同利用・共同研究拠点研究集会「折り紙の科学を基盤とするアート・数理 および工学への応用研究」

投稿者:  俣野 博(明治大学先端数理科学インスティテュート)
会場: Zoom Webinarによるオンライン開催(事前登録制です)
概要: 「折り紙の科学を基盤とするアート・数理 および工学への応用研究」をテーマに22名の講演者による講演で構成する研究集会を開催します。

日程 2020年12月 3日(木)-4日(金)
会場 Zoom Webinarによるオンライン開催
※ 事前登録制です.下記詳細 web よりご登録をお願いします.
本文 折り紙の科学は数理・情報・工学・機械・建築・医療・芸術・教育等と広範囲の分野に拡大し続けている。そこで、特に、「折紙のアート・数理」および「折紙工学」をキーワードに、関連する分野の研究者が横断型に研究交流する場として研究集会を開催する。それぞれの分野に対して多様な情報をもたらすと共に、多角的な視野を育むことができると期待される。
本研究集会は、2016年度に開催されたICMMA2016の成果を引き継いで毎年開催され、成果をさらに積み重ね、折紙工学の分野での応用を事例に、周辺領域の研究者を加えて内容の充実をはかり、研究成果を発信していくことを目的とする。
今回の特長としては、COVID-19の影響によって止むを得ずインターネット会議となった。そこで、むしろそれを利用して、この分野の第一人者である、マサチュウセッツ工科大学教授のErik D. Demaine氏に特別講演を依頼した。研究集会は特別講演1本、招待講演15本、ショートトーク6本から構成され、所属大学も11大学(MIT, 東京大、九州大、筑波大、電通大等)に及ぶ。質疑応答の時間を十分に確保して一般参加者との交流も促進したい。
プログラム 12月3日(木)
9:50- 開会 (Opening)
10:00-11:00 Erik D. Demaine (MIT)
特別招待講演 Special invited talk TBA
11:10-11:40 三谷 純 (Jun Mitani, 筑波大学)
    曲線折りによる造形
11:40-12:10 舘知宏 (Tomohiro Tachi, 東京大学)
    多面体のスムージングによる曲線折り構造
12:10- 昼休み
13:00-13:30 ショートトーク
山崎桂子 (Keiko Yamazaki, 明治大学)
    折が入り開閉機能を伴う芸術史上唯一の三次元芸術「扇」の数理的解明
崎谷明恵 (Akie Sakitani, 明治大学)
    ダイヤモンドカット缶の折畳特性の検討
13:30-14:00 宮本好信 (Yoshinobu Miyamoto, 愛知工業大学)
    可変翼の100年 (One Hundred Years of Variable Aircraft Wings)
14:00-14:30 有田祥子 (Shoko Arita, 静岡大学)
    TCO Jackson Cubeに基づく展開構造物の宇宙利用
14:30-15:00 斉藤一哉 (Kazuya Saitoh, 九州大学)
    ハサミムシの扇子の設計法
15:00ー 休憩
15:30-16:00 山岸義和 (Yoshikazu Yamagishi, 龍谷大学)
    三角形二面体の最小跡と等角共役点
16:00-16:30 森継修一 (Shuichi Moritugu, 筑波大学)
    円内接七角形の「面積×半径」公式の導出について
16:30-17:00 萩原一郎 (Ichiro Hagiwara, 明治大学)
    産業応用としての折紙工学の現状と課題

12月4日(金)
10:00-10:30 上原隆平 (Ryuhei Uehara, JAIST)
    正多面体や関連する立体の折り問題に対する多項式時間アルゴリズム
10:30-11:00 伊藤仁一 (Jin-ichi Itoh, 椙山女学園大学)
    折紙テントと関連する諸問題
11:00-11:30 割鞘奏太 (Kanata Warisaya, 東京大学)
    菱形タイリングに基づくオーゼティック機構
11:30-12:00 伊藤大雄 (Hiro Ito, 電気通信大学)
    並行山谷付き平坦折り問題
12:10- 昼休み
13:00-14:00 ショートトーク
楊陽 (Yang Yang, 明治大学)
    充液プレス法で得られる多角柱折紙構造のエネルギー吸収特性
ルイスディアゴ (Luis D. Diago, 明治大学)
    折紙式プリンターのための改良"Norigami"ロボット
佐々木淑恵 (Toshie Sasaki, 明治大学)
    高精度・高効率位相最適化技術の開発と折紙構造への適用
阿部綾 (Aya Abe, 明治大学)
    高精度・高効率遮音特性評価法の開発と折紙構造への適用
14:10-14:40 寺田耕輔 (Kosuke Terada, 明星大学)
    折紙工法におけるプレスによる折線加工法
14:40-15:10 松原和樹 (Kazuki Matsubara, 中央学院大学)
    ピラミッドで構成される多層構造の連続的平坦化
15:10-15:40 奈良知惠 (Chie Nara, 明治大学)
    正八面体による連続的平坦折りたたみ問題
15:50-16:00 閉会(Closing)
問い合わせ先 明治大学先端数理科学インスティテュート
e-mail: mimsseparatormics.meiji.ac.jp
詳細 web http://cmma.mims.meiji.ac.jp/events/jointresearch_seminars/index_2020.html#001