他組織イベント案内

2020-12-14 デジタル・ニッポンの実現に向けたデータ格付け数理基盤に関するシンポジウム

関連性:  協賛
会場: 九州大学伊都キャンパス及びオンライン
概要: データ利活用の連携基盤上で多種多様なデータに格付けを行い、 優れたデータに関しては品質保証を行うための数理基盤についての議論を行う

日程 2020年12月14日(月) 13:00-17:20
会場 九州大学伊都キャンパス及びオンライン
主催 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
参加費 無料
本文 現在、菅内閣の元でデジタル庁創設に向けた動きが推進されており、 "新しいデジタル・ニッポンのあり方 " が模索されています。 After/With コロナにおいては有効な方策を即実行かつ即検証可能なデジタル資源の連携基盤が必要とされています。データ利活用に関してはその連携基盤上で多種多様なデータに格付けを行い、優れたデータに関しては品質保証を行うための数理基盤も必須となり、数学に対する社会からの期待は非常に増しつつあります。
データ格付けは多くの作業を自動で行う必要があるため、数理的特徴(満たすべきルール)による自動判定や AI技術などによる品質保証などの新しいデータ格付けのための数理基盤の構築を進めて行きます。 本シンポジウムではデータ格付け数理基盤に関して学術的な挑戦や産業界からの参画などについて議論を行う場を提供します。

詳細は下記詳細 web をご参照下さい。
問い合わせ先 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 藤澤研究室内 シンポジウム事務局
e-mail: flab-staffseparatorimi.kyushu-u.ac.jp
詳細 web https://imi.kyushu-u.ac.jp/~data_rating_sympo/