第21回岩手数理科学セミナー
イベント日時: 02-22
投稿者: 宮島 信也(岩手大学) ()
会場: 岩手大学理工学部ものづくり協創工房
概要: 筑波大学の今倉暁先生に「複素モーメント型並列固有値解法の概要と最近の進展」という題目でご講演いただきます。
日程 2019年 2月22日 16:30-
会場 岩手大学理工学部ものづくり協創工房
本文 以下の要領で岩手数理科学セミナーを開催します。皆様のご来聴をお待ちしております。

なお、 セミナー終了後に懇親会を予定しております。懇親会への参加を希望される方は、2月15日までに宮島までご連絡いただけますと幸いです。
講演者 今倉暁(筑波大学システム情報系情報工学域)
題目 複素モーメント型並列固有値解法の概要と最近の進展
概要 本講演では,複素モーメント型並列固有値解法の概要および最近の進展について紹介する.複素モーメント型並列固有値解法は複素平面上の指定領域内部の固有値および対応する固有ベクトルを求める内部固有値問題に対する並列固有値解法である.その計算コストの主要部が周回積分の各積分点の線形計算の求解であり独立に計算することができるため,高い並列性を持つことから近年注目を集めている.現在までに様々な改良・拡張法が提案されているが,本講演ではいくつかの主要解法について概要を紹介し,部分空間射影法の観点から統一的に解釈できることを示す.また,最近の複素モーメント型固有値解法の最近の進展についても併せて紹介する.
問い合わせ先 宮島 信也
e-mail: miyajimaseparatoriwate-u.ac.jp
詳細 web http://web.cc.iwate-u.ac.jp/~miyajima/seminar.html


JSIAMにて更に多くのイベント記事をよむことができます
http://www.jsiam.org

このイベント記事が掲載されているURL:
http://www.jsiam.org/modules/eguide02/event.php?eid=1475