人事情報案内

(〆切 2018-10-01) 海洋研究開発機構 地震津波海域観測研究開発センター 海域断層情報総合評価グループ

募集: 特任技術職B 1名
専門分野: 地球科学・IT分野に経験を有する者が望ましい。

募集団体名 海洋研究開発機構 地震津波海域観測研究開発センター 海域断層情報総合評価グループ
応募〆切 2018年10月 1日 午後12:00 (必着)
募集人員 特任技術職B 1名
専門分野等 関連する専門分野: 地球科学・IT分野に経験を有する者が望ましい。

海洋研究開発機構 地震津波海域観測研究開発センター 海域断層情報総合評価グループでは、この度、受託研究「海域における断層情報総合評価プロジェクト」のサブ課題「海域断層に関する既往調査結果の収集及び海域断層データベースの構築」(2013年度~2019年度・サブ課題代表者 鎌田 弘己)及び「海域における既往探査データ等の解析及び統一的断層解釈」(2013年度~2019年度・サブ課題代表者 高橋 成実)に従事する特任技術職を1名募集します。
本課題では、日本周辺海域の構造探査データを収集し、必要に応じて再処理した反射法地震探査データを解釈して断層分布を明らかにすることを目的としています。また、反射法地震探査データのみならず、海底地震計から得られたデータを用いて速度構造モデルを作成し、断層の規模(深さ・長さ等)を推定します。収集した探査データ、断層解釈結果および速度構造モデルについては、インターネットを介し閲覧可能な公開データベース・システムとして構築されます。

この受託研究を実施する、地震津波海域観測研究開発センターの詳細につきましては、ウェブページ http://www.jamstec.go.jp/ceat/j/ をご覧ください。

業務内容
受託研究「海域における断層情報総合評価プロジェクト」のメンバーとして、以下の作業を実施する他、 本課題について総括的または総括補助的役割を担っていただきます。

- 下記のデータを機構指定の管理用データベースシステムに登録します。
-- 地震探査データ(調査仕様、ナビゲーション、震探断面など)、坑井データ、速度データ、速度構造モデル、断層解釈-- 構造解釈結果等
- 下記の項目を考慮し、閲覧-- 公開用データベースシステムを構築-- 管理します。
-- ハードウェア、オペレーティングシステム、リレーショナルデータベース、Webアプリケーションサーバー、ミドルウェア、Webアプリケーション
-- 管理用データベースシステムと公開用データベースシステム間における専用プラグインの開発(データ交換の自動化)。
-- 機能追加と改良。
- 各種会議-- 学会等における発表資料の作成指示、作成、とりまとめ業務及び発表
- 年度報告書執筆
- 本課題の計画に関する検討、調整
- 上記に関連する事務作業などの一般業務
着任時期 2019年4月1日 (予定)
任期 2019年4月1日~2020年3月31日。
※通算雇用継続期間は1事業年度(2020年3月31日)を限度とし、更新はありません。
待遇 年俸制(1/12を月々支給)
参考年俸: 450万円~700万円程度
応募資格 当該研究もしくは研究開発に関連する分野の学部卒以上、またはこれと同等の開発能力を有する者。
提出書類 (1)履歴書 1通
※様式自由 連絡先E-mailアドレス記載のこと。
(2)職務経歴書 1通
※様式自由 これまでに行ってきた研究・技術開発等の実績を含めて記載のこと。
書類送付先 郵送、またはEメールにPDFを添付する形式にてご提出ください。

郵送先
〒237-0061
神奈川県横須賀市夏島町2-15
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部 人事任用課 採用担当宛
(封筒の表に「2019年度 CEAT 海域断層G 特任技術職B 応募」と朱書きのこと)

Eメール
recruit-appseparatorjamstec.go.jp
※件名に必ず「2019年度 CEAT 海域断層G 特任技術職B 公募」と入れてください。
※Eメールは1通で25MBまで受領可能です。
問合わせ先 国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部 人事任用課 採用担当
TEL 046-867-9415 FAX 046-867-9095
Eメール: recruit-appseparatorjamstec.go.jp
※Eメールによる問い合わせの際は、件名に必ず「2019年度 CEAT 海域断層G 特任技術職B 公募について」を入れてください。
募集団体 公的web http://www.jamstec.go.jp/j/
公募情報 web http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/ceat20181001_3.html