DataList

応用数理教育を行っている組織
組織名 京都大学工学部情報学科(数理工学コース)
紹介文
学科,コースの目的 高度な数学と力学・物理学を基礎に,最適化・制御・アルゴリズム・数理モデリング・計算機工学・金融工学など, 幅広く最先端の数理科学の教育・研究を行い,理工学の諸問題の解決を図るための手法を身につけ,広い視野にもつ技術者及び研究者を養成することを目的としている
カリキュラムの特徴 数学, 力学・物理学,オペレーションズリサーチ,制御理論に関する基礎から大学院教育の準備段階に至る体系的な講義科目を備えている.また,「数理工学実験」「数値計算演習」「システム工学実験」など実践的要素をもつ選択必修科目を置くとともに,「数理工学セミナー」によって専門研究への橋渡しを図っている.特徴の第一は「特別研究」(卒研)以外に必修科目がないことである.これは数理工学という分野の多様性に配慮するとともに,京都大学の自学自習という基本理念に沿って学生の自主的な学修計画を尊重するという精神に基づくものである.第二はそのような環境のもとで,4 年生後期の大半をかけて取り組む「特別研究」を通じて学生が大きく成長することである.修士課程入学後,「特別研究」の延長上に第一論文を発表する卒業生は少なくない.
web page http://www.kuamp.kyoto-u.ac.jp/
概要紹介 Kyoto-g.pdf(93.2KB)
カリキュラム Kyoto-c.pdf(67.3KB)



戻る