DataList

応用数理教育を行っている組織
組織名 岡山大学環境理工学部環境数理学科
紹介文
学科,コースの目的 自然と人間が調和し、豊かな環境を作るためには、環境に関するさまざまな現象の解析が不可欠である。そのためには対象そのものに対する理解だけでなく、解析のための理論と技術を身につける必要がある。現象解析に必要な数理科学、統計科学、計算機科学のしっかりした基礎と幅広い応用能力を身につけた研究者、技術者を育成することを目的としている。
カリキュラムの特徴 1. 低学年において、環境問題などへの応用に必要な、数学、統計学、計算機科学の基礎を、なるべく偏らないように幅広くしっかりと教育する。
2. プログラミングを始めとする計算機教育が充実しており、就職にも生かされている。
3. 環境問題への視野を広げるため、環境理工学部の各学科が協力して開講している環境系専門基礎科目から4科目以上を選択必修としている。
4. 3年次の専門科目に、数理の環境問題などへの数理の具体的な応用を主眼とした科目が多く開講されている。
5. 4年次には、卒業論文を履修する。1年かけて行った課題研究の結果を論文の形でまとめ、卒業論文発表会でその内容を発表する。
6. 大学院教育につながる科目も多く用意されている。
7. 必修科目、選択必修科目が多く、学習教育目標を確実に学ばせるように設計されている。
web page http://www.ems.okayama-u.ac.jp/
概要紹介 Okayama-g.pdf(15.9KB)
カリキュラム Okayama-c.pdf(39.6KB)



戻る