DataList

応用数理教育を行っている組織
組織名 東京大学工学部計数工学科(数理情報工学コース)
紹介文 工学における共通基盤技術の充実と新しい分野の創始を目指す工学部 計数工学科 数理情報工学コース
学科,コースの目的 工学の諸問題の数理的側面を横断的にとらえ,統一的な理論を構築するとともに,数学の新しい応用分野を積極的に開拓できる,広い視野を持った工学者・技術者を育成する.
カリキュラムの特徴 1年〜2年前半は,教養部で,外国語,数学,力学・物理学,情報関係の基礎を学び,2年半ばに,学生の志望に沿って学科振分けが行われる.計数工学科に進学した学生は,2年後半,計数工学科,物理工学科の両学科の講義を受ける(沿革にも書いたように,両学科がかつて応用物理学科であったことによる),数理工学関係の講義のみならず,計測,制御,量子力学等々,幅広い講義を受ける.2年の終わりに,数理情報工学コース,システム情報工学コース(情報理工に移行する前の数理工学コース,計測工学コースに対応)への振分けが行われ,3年から,数理情報工学コースの授業が本格化する.特に,数理工学の基礎科目として,代数数理工学,解析数理工学,幾何数理工学,算法数理工学,確率数理工学があり,基礎を固める.また,実験・演習にも,多くの時間を割いており,地に着いた知識を習得する.4年後半には,研究室に配属となり,「卒業研究」を行い,「研究」とは何かを学ぶ.
web page http://www.keisu.t.u-tokyo.ac.jp/index.html
概要紹介 Tokyo-g.pdf(99.7KB)
カリキュラム Tokyo-c.pdf(63.8KB)



戻る