DataList

応用数理教育を行っている組織
組織名 早稲田大学基幹理工学部応用数理学科
紹介文 2007年の理工学部再編にともなって新設された応用数理系学科
学科,コースの目的 理と工の融合という早稲田大学理工学部の理念のもと、理論にも実践にも長けた数理系研究者・技術者を育てる。自然科学・社会科学・情報科学など数理の関わるあらゆる分野に対する幅広い視野を持ち、数学の深いレベルでの応用力を持ち、対象から新しい数学を育てることのできる人材輩出を目指す。
カリキュラムの特徴 1年次は基幹理工学部共通教育を受け、学科配属後の2年次は数学とプログラミングの基礎をしっかり学ぶ。3・4年次の科目は共通化され、自らの履修計画に従って現象数理・統計数理・情報数理のカテゴリから適宜選択する。数学科と専門科目の単位互換制度を設けている。大学院教育との連携を重視するため卒業研究はなく、数学科との合同専攻である数学応用数理専攻に進学する段階で、幅広い視野と深い知識のもと専門分野を選択する。
web page http://www.apmath.sci.waseda.ac.jp/
概要紹介 Waseda-g.pdf(86.0KB)
カリキュラム Waseda-c.pdf(445.9KB)



戻る