会費の自動引き落としについて

日本応用数理学会年会費の納入方法については、 振込用紙による送金と預金口座からの自動引落しによりご納入いただく方法の二通りがあります。
自動引落し実施の詳細は以下の通りです。 ご検討の上、自動引落しをご希望の方は 会員管理委託先 までご連絡ください。 「預金口座振替依頼書」をお送りいたします。

自動引落しの実施は、原則として翌年度からとなります。 当年度分までは振込用紙にて納入下さいますようお願いいたします。 なお、お申し込み時期によっては、手続の関係上、翌々年度からの自動引落しの実施になる場合もあります。 ご了承くださいますようお願いいたします。

(注: 9月の年会, 3月の連合発表会の参加費はこれとは別扱いになります)

その他,詳細については以下を御覧ください.

  1. 預金口座からの会費の引落しは年1回といたします。 時期は原則として会計年度の当初の月(4月)を予定しております。
  2. 引落しの約1ヵ月半前に引落としの通知書をお送りしますのでご確認ください。
  3. 引落し実施後の預金通帳の摘要欄には学会名ではなく、銀行口座の場合は「SMBC(ガッカイヒ)」、郵便局口座の場合は「カイヒ」と記帳されますのでご注意ください。
  4. 口座相違、預金残高不足等により引落しができなかった方は、会費請求書による振込みに切り替えます。
  5. 自動引落しの実施は、原則として翌年度からとなります。当年度分までは振込用紙にて納入下さい。 なお、申し込み時期(年度末近くのお申込み)によっては翌々年度納入時からの自動引落し実施となる場合もありますので、ご了承ください。
  6. 住所が不明になりますと引落しができない場合があります。
  7. 手数料について
    自動引落しの実施に伴い、集金代行会社に支払う費用など振込用紙によるご送金と比べて新たな経費増となります。 そのため、本制度をご利用される会員の皆様には以下の費用をご負担いただきます。 年会費の引落し時にあわせて引落させていただきます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    * 預金口座自動引落し初期登録費(初回のみ) 250円
    * 引落し手数料(毎回) 200円