web での入力をなるべく快適に行う方法

web ブラウザ画面における情報の入力は意外に不便なもので,入力者に負担がかかります. しかも操作によってはせっかく入力した情報が消えてしまったりして,無駄も大きなものとなります.
こうした不便を回避する tips 情報を以下に示しますので,参考にしていただければと思います.

tips 1 使い慣れたエディタで入力内容を先に作成後,copy & paste する

web ブラウザの入力画面を見ながら,必要な内容を普段使っているエディタ(秀丸,ノートパッド, emacs その他)でまずは書いてしまい,それを「コピー & 張り付け」 で web ブラウザの入力画面に入力していく手法です.
web ブラウザの操作に何か失敗して入力したものが無効になってもやり直しが簡単で負担も小さく, 準備なしですぐ使えるためお勧めの手法です.

tips 2 使い慣れたエディタで入力すると web ブラウザにその内容が反映される仕組みを使う

すこし準備が必要ですが,web ブラウザの入力部分とエディタを繋げることが可能です. こうするとエディタで入力した内容が web ブラウザに反映されるため,非常に便利です.
具体的には,firefox では mozex という拡張機能(アドオン)などで, InternetExplorer では AreaEditor というツールなどでそうした機能が利用できます.
ある程度コンピュータに詳しい方はこの方法を強くお勧め致します.
なお,設定方法などは各自御調べください.